忍者ブログ

腸の機能をアップ

腸を元気にするための知識

耳ヨガで頑固な便秘も改善、イサゴールで効かなかった人が併用でスッキリ!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

耳ヨガで頑固な便秘も改善、イサゴールで効かなかった人が併用でスッキリ!

自律神経の働きを整え老廃物の排出を促す

ヨガ教室では、ヨガをしている最中でもトイレに行く人が多いのです。というのも、ヨガをすると、「つまり」が解消されることが多いからです。

ヨガといっても、今回お勧めする「ビビジョンヨガ」は、無理のない動きで、どなたにでも実践できます。
このヨガの特徴は、呼吸法を活用しながら、「ちょっと痛いけど、刺激すると気持ちいい」と感じるくらいの強さでほぐすことです。いわゆるイタキモがちょうどいいのです。

呼吸に合わせて、体を丁寧にほぐしていくと神経が鎮まり、頭の緊張が解かれて脳がリラックスします。
それとともに、全身の血液循環がよくなり、内臓の動きもよくなりますから、腸の蠕動運動も活発になります。

ですから、それまで腸の調子が悪くて便秘ぎみだった人でも、ヨガをしている最中、おなかがグルグルと自然に動き出し、便意を催すということもあるのです。ヨガをしている1時問半の間に3回もトイレに駆け込む人もいます。

ビジョンヨガには、多様な動きのポーズがありますが、その1つとして、私が必ずメニューに取り入れているのが、耳を引っ張りながら耳のかたくて気持ちいいところをほぐしていく「ファイヤー」という耳ヨガです。この耳ヨガには、腸の働きを整え、便通を促す働きがあります。

耳ヨガによって、耳に適度の刺激を与えると、自律神経の働きを整える効果があります。自律神経は、内臓などの働きも調整していますから、腸の動きもよくなり、老廃物の排出も促されます。このため、便秘解消の効果も高いと思われます。
自律神経についてはこちら。 耳ヨガのやり方はとても簡単です。親指と人差し指で耳をつまんで、息を吐きながらグッと引っ張るだけです。

まず1人めは、40歳代の女性です。このかたは数ヶ月間、排便の際に便が出切らないような感覚に悩まされていました。
彼女は頻繁に教室に来られてはいませんでしたが、家でもできるのが耳ヨガのよいところ。思い出して自宅で耳ヨガを試すと便意を催して、次の排便時から、出切らない感覚のあった便がスルリと出るよ、つになって残便感が解消。快便に戻ったといいます。

2人めも、同じように40代の女性。このかたは、ふだんから便通はよいのですが、仕事で出張しホテルに泊まったりすると、決まって便秘になり困っていました。

そこで、宿泊先で耳ヨガをするようアドバイスしました。実際に試したところ、いつもなら便秘に苦しむはずが、スルスルとお通じがあったといいます。

3人めは、30歳代の女性です。ヨガ教室に通う以前は、かなり重度の冷え症。生理痛も重く、ひどい便秘に苦しんでいました。
下剤がないと便通がない状態だったそうです。ところが、ヨガ教室に通うようになってからは、冷え症が解消し、顔色がみるみるよくなりました。
そして、ひどい便秘がすっかりよくなり、薬がなくても便通があるようになったのです。ヨガが終った翌日、「便痛がありました」とメールが届くようになりました。

寝る前に耳ヨガを行うと翌朝お通じ!

私は、ふだんの便通には全く問題ありませんが、枕が替わると、やはり、私も便秘ぎみになる傾向があります。そこで、旅行に出かけた折などは、必ず寝る前に耳ヨガを行うようにしています。

これだけで、翌朝にはスムーズにお通じがあるのです。耳ヨガには即効性があります。非常に使い勝手がいい方法だと実感しています。

また、耳ヨガには、腸の働きを整えて便通を促す効果のほかにも、多くの健康効果が期待できます。
例えば、冷えや生理痛、イライラなどを解消できますし、物忘れ予防にも役立ちます。また、不妊で悩んでいるかたにもお勧めできます。耳ヨガはとても簡単で、いつでもどこでも実践できますから、便秘解消だけでなく、さまざまな健康増進に役立ててください。

トクホのイサゴールなどの便通改善の食物繊維がありますが、併用すると非常に効果的だそうです。イサゴールを使ってもスッキリできない人は耳ヨガを合わせるとびっくりするぐらいの量の排便があるということです。

便は毎日出ているのになんとなく調子がいまひとつ(肌あれ、ぽっこりお腹…)
PR

コメント

プロフィール

HN:
intestines
性別:
非公開

P R